« 目的外使用 | トップページ | 星に願いを »

スキッパー

2月21日 火曜日 曇 最高気温1.3度 最低気温-4.0度(青森)

さっき、夕飯を食べていたら口の中でガリっという感覚が走った。
どうやら、また歯が欠けたらしい。


私の口の中は、虫歯により多数の歯が欠けている状態だ。
歯医者さんに行かなければとは思っていたものの、最初に歯が欠けたことを自覚してから既に10年以上経つ。

健康的では無い上、見た目にも美しくない、いやそれどころか他者に無用な恐怖心や嫌悪感さえ与えかねない。
だが、歯医者さんが怖いという理由で、ずっと保留としていた次第である。

思い立ち、勇気を振り絞って歯医者さんを訪問したのは、2008年の秋頃だった。
欠けていた部分を補修してもらったり、差し歯を入れてもらったりして治療は順調に進んでいき、残り二本で完全補修となる時点で事態は急変した。

痔が悪化したのだ。

それまで小康状態を保っていた私のマフラーは、それまで貯め込んだエネルギーを放出するかのように大暴れした。
最早歯医者どころでは無い。
私は、歯の治療はしばらく脇に置いておいて可及的速やかにマフラーの補修を完了させることとした。

手術が終わり、マフラーの状態も安定してきた翌5月。
そろろそ歯の治療を再開しようかと考えた矢先、私は慢性的な腹痛に悩まされる。
何か変なモノでも食べたのだろうか?そんなことを考えながら一カ月程放置していたのだが、ある日猛烈な痛みを感じ病院に駆け込む羽目になる。

今度は虫垂炎である。
しかもずっと我慢してきたことにより、腹膜炎も併発している状態だった。

結局また入院→手術となり、歯の治療は先延ばしとなる。
そうこうしているうちに、差し歯は何処かに消え、補修した部分も再び欠け、更には新たに欠ける部分も出てくる始末で、私は歯医者に行く気力を失い今日に至っている。

もうどうでもいい、なるようになればいいさ。

歯に関して言えば、やや自暴自棄気味になっている私であるが、このまま放置しているのも不味い。
定期的に出血や痛みがあるし、何より歯を見せて笑えないのが痛い。
ここ数年の私が写っている写真は、どれもこれも口を閉じて引きつった笑顔ばかりだ。
また歯の神経が腐っていくことにより、髄膜炎やら骨膜炎を引き起こす場合もあるらしい。
激動の時代を生き抜いた、かの新撰組・永倉新八も虫歯に端を発した病で亡くなったらしい。

そうは言ってもやっぱり歯医者さんは怖いんだな。

|

« 目的外使用 | トップページ | 星に願いを »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/54040899

この記事へのトラックバック一覧です: スキッパー:

« 目的外使用 | トップページ | 星に願いを »