« 休みの記憶 | トップページ | 手抜き »

残念賞

5月8日 火曜日 曇時々晴 最高気温16.2度 最低気温9.4度(青森)

今日も特にネタは無い。
このままネタ無しで寝てしまってもいいのだが、そんなんばかりと思われるのも癪なので、無理にでもネタが無いか記憶を絞ってみる。

駄目だ。
少し困った新入社員がいるとか、会社の釣り部部長が連休中に3万8千円落としたとか、そんな話しか思い出せない。

私にとって、かなりどうでもいい話なので、これらのネタで話を膨らませることが出来ないのだ。

閑話休題

そう言えば、エスティマハイブリッドがマイナーチェンジされたようだ。
車を買い替えるとしたらの話をすれば、購入対象車種であるため、とりあえずチェックしてみたが、やはり事前情報通りで話題にするような部分は無かった。

せいぜいグレード追加とか小変更といった程度の話で、これをマイナーチェンジというのもおこがましい。

せめて、あのブラックアウトされ変な境目のAピラーだけでもどうにかならないものかと思ったが、どうやらそんな風に考えている人は少数のようで、そのままであった。
随分前にもネタにしたのだが、ピラーをブラックアウト化しルーフが浮いているように見せたいというデザイン上の意図は判るが、Aピラーまでブラックアウト化するのはやり過ぎであるように見える。
仮にそこまでやりたいのであれば、もう少しルーフの形状や、フロントガラス・Aピラーとルーフのカラード部分との境目を配慮すべきと考えるのだが、結局この部分には手は加えられなかったようだ。

そして、最近の流行りなのかもしれないが、変に裾が広がったような形状のバンパーも気に食わない。
個人的な好き嫌いの話であるが、裾を広げてしまうとノーマル車高では腰高感が強調され余計に恰好悪く見えるのは私だけだろうか?
ボトム部分にボリュームを持たせたら、車高も落とさないとデザインとしてちぐはぐなモノになってしまうと思うのだが、皆が皆車高を落とす訳でもないだろう。

流行りと、初代エスティマのデザインと、プラットフォームの共通化の狭間で、非常に難儀しているのではと感じさせるモノではなるが、そんな葛藤の中で訳のわからないモノが生まれ出てきたようにしか感じられない。これは他のトヨタ車にも言えることである。

とりあえず延命したといった感じが透けて見えて非常に残念だ。

せめてPHV仕様が加われば面白かったんですけどねぇ。
これじゃぁ上のアルファード・ヴェルファイア、下のノア・ヴォクシーに食われるだけですよ。

|

« 休みの記憶 | トップページ | 手抜き »

エスティマ ハイブリッド」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/54664735

この記事へのトラックバック一覧です: 残念賞:

« 休みの記憶 | トップページ | 手抜き »