« 春の行楽 | トップページ | 休みの記憶 »

最終日

5月6日 日曜日 雨時々曇 最高気温17.8度 最低気温9.6度(青森)

20120506_00

黄金週間最終日、例によって特記事項無しである。

昨日の夜にニュースサイトを眺めていたら、スーパームーンなる単語が目に入った。
何でも、5月は月が地球に最接近するため、通常よりも大きく明るく見えるとのことだった。

空を見上げると確かに月が綺麗に出ている。
よって、これは撮っておかなければと考えた次第だ。

だが、黙って上を見上げて写真を撮るのも芸が無い。
どうせなら、より大きく見えるよう、地平ギリギリの人工物と対比できるような状態が面白い。
そう考え、月の動きを調べてみたところ、地平に沈んでいくのは午前4時頃だということが判明した。

5月6日午前3時半、自宅ベランダに三脚をセットしレンズを西の空に向ける。
暖かくなってきたとはいえ、やはりこの時間帯は少々寒い、が、面倒だったので部屋着のTシャツ短パン姿のままベランダから月を観察する。

午前3時40分、ようやく月と地上の人工物が135mmレンズに収まる高さになったので、とりあえず試し撮りしてみる。

20120506_10

とりあえず橋や建物に露出を合わせてみたところ、月が明る過ぎてまるで太陽のようになってしまった。
が、月に露出を合わせると、人工物はほとんど真っ黒状態だ。
どうやら、135mmで月と風景をまとめて収めるのは難しいようだ。

よって、もう少し時間をおき、建物と重なった位のところを500mmで狙うことにする。20120506
とりあえず無限遠にしとけばいいやと思ったのだが、微妙にピントが合わない。
そして、既にかなり眠くなっている私の腐れ眼では、ピントの山がつかめず、四苦八苦する。
そうこうしていると、どうも気付かなかったが、地平付近に濃い雲が漂っているようで、徐々に月の下側が欠けてくる。
20120506_20

結局決め手を欠くまま、スーパームーンは沈んでしまった。

なんか悔しいので、今度は月が出るところを狙おうと画策する。
調べによると、今日は午後7時頃に出てくるようなので、市内高田地区の、高台から東側に市内を望める場所での撮影を考えた、が、雨天につき月は見えなかった。


明日から仕事だというのに、月と共に活動するドラキュラ生活をしてしまった。
明日は間違いなく精彩を欠く一日となりそうだが、一年を通じて、ほとんどがそんなんなので、まあいいか。

|

« 春の行楽 | トップページ | 休みの記憶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/54650263

この記事へのトラックバック一覧です: 最終日:

« 春の行楽 | トップページ | 休みの記憶 »