« 時来たり | トップページ | 疲れのもと »

準備は大切。

6月23日 土曜日 曇時々雨 最高気温17.5度 最低気温14.3度(青森)

23日午前0時過ぎ、大方の予想を裏切り釣りに出掛ける。
時折小雨がぱらつく程度で風も無く、コンディションとしては良好だ。
ただ、事前に予告した通り、2時間ほど仮眠を取ったため、準備は全くしておらず適当に道具を車に突っ込んでの強行軍となった。

今のうちに結果から申し上げておこう。
坊主である。

午前1時、現場に到着する。
今日は蟹田港を選択した。
数の実績が高い蓬田漁港と、大きさの実績が高いこちらとで悩んだが、量より質を取ることにした次第だ。

まず、現場を偵察する。
蟹田港は、フェリー埠頭から防波堤が伸びているエリアと、その内側に蟹田川から防波堤が伸びている漁港エリアとがある。

どちらも防波堤より内側は、表層にメバルらしき魚影が見える。
だがライトを当てても動きが鈍い。活性は低いようだ。水もかなり澄んでいる。
ならば狙うは底の方に潜んでいるやつらか...水深のある外側防波堤のほうが良さそうだ。

道具一式を持ち、防波堤先端まで歩く。
先行者はおらず貸切状態だ。
道具を広げ準備を行う。

ここで一つ目の問題が生じた。
懐中電灯の電池が切れてしまったのだ。
今日はライトゲーム用の竿を二本持ってきたのだが、片方はスナップは使わずライン直結だ。
暗闇の中で結んだりなんだりの細かい作業をできるほど、私は器用では無い。
また、スナップ仕様にしている方も、暗闇の中では付け替えが困難だ。
ジグヘッドやルアーの付け替えに難儀することになる。

難儀しつつも釣りを開始する。
表層は渋いと思ったが、表層付近でアタリがある。メバル特有のコ、コンッとした感触だ。
しかしどうにも合わせられない。日によっては合わせるまでも無く勝手に食ってくれるのだが、警戒心が強いのか完全に食ってくれない。

そうこうしているうちに、スナップ仕様の竿で根掛かりが発生する。
無理やり引っ張ったらラインが切れてしまった。
暗闇の中では、直結することも新たにスナップを付けることも困難だ。
よって、あらかじめ直付けしていたもう一本のみを使うことになる、が、今度はライントラブルが発生する。
何分、極細のラインを使用しているので、ライントラブルは発生しやすいのだが、これも暗闇の中では対処が大変だ。

手探りでどうにかしていると、肌を露出していた部分が痒くなる。
どうやら虫に刺されたようだ。
どうにか復旧し、気を取り直して再開しようとすると、今度は雨が降ってくる。

かなり嫌な感じになってきたので、撤収を考える。
もうやる気が無くなってしまったのだ。
何のアクションもせず、撤収するためにリールを早巻きする。
ボーっとリールを巻いていると、不意に竿が引っ張られる。
いきなり食ってきたやつがいるようだ。
重い・・・が引きは強くない。一瞬カニやヒトデがかかったかと思ったが、早巻きしていたのでそれらがかかる訳も無い。
かかった奴の姿が見えてくる。頭側が妙に大きい。カジカあたりだろうか?40cm以上の大きさはありそうだ。ライトゲーム用の竿が大きくしなる。

急に竿が軽くなる。
ラインが切れてしまった。
どうやらさっきのライントラブルの際に、ラインに傷が入ってしまったようだ。

失意のまま帰路につく。
午前3時40分、東の空が明るくなってきている。
今日も坊主だった。

|

« 時来たり | トップページ | 疲れのもと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

スキンヘッドが坊主では洒落になりませんね。
お疲れ様でした。

舟に乗らなくてもいいので、
岸壁消波ブロックの穴釣りをしたいです。

投稿: 桃爺 | 2012年6月25日 (月) 18時42分

昨年も同じようなコメントを頂いておりました。
http://cotetsu.way-nifty.com/blog/2011/07/post-2148.html

穴釣り・・・小学生の頃フェリー埠頭でやって以来、やっておりませぬ。
今や、軽やかにブロックの上を駆ける自信はありませぬ。

投稿: 虎徹 | 2012年6月26日 (火) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/55034968

この記事へのトラックバック一覧です: 準備は大切。:

« 時来たり | トップページ | 疲れのもと »