« 初戦 | トップページ | 磨き »

未体験ゾーン

1月20日 日曜日 曇時々雪 最高気温1.5度 最低気温-0.9度(青森)

20130119_00

昨日はK5を運転してみた感想などを述べさせて頂いたが、今日はとりあえず目に付いた点について記述してみる次第だ。

昨日も記述したが、コレが私にとってはじめてちゃんと向き合う外車である。
また年式こそ90年代ではあるが、基本設計が70年代と古い車でもある。

従って、ここ20年以内位の日本車しか知らない人間目線での話であり、相変わらず変なことを申し上げてるのかもしれないが、ご容赦頂きたいと存じ上げる。

1.前照灯スイッチ
20130119_10
上記画像からは判りにくいと存じ上げるが、これはステアリングコラムの付け根向かって左下の画像である。

私の運転したことのある車は、基本前照灯のスイッチと言えばコラムから伸びているレバーでウインカーと兼用だったが、K5の場合は中央付近にあるシルバーの丸いノブが、前照灯のスイッチだ。

拡大するとこんな感じである。

20130119_11
「LIGHTS」の文字は「L」が消えてしまっているが、ノブについているアイコンで何となく判る、が、奥まった場所に小さい文字とアイコンなので、運転席に座って見ると文字やらアイコンやらはイマイチ判別出来なかったりする。
二段階に引けるようになっており、一段引くとスモールが、二段引くとロービームとなり、捻ることによりメーター等のイルミネーションの明るさを調整できたり、車内照明を点灯できたりする。

で、どうやってもこのスイッチでハイビームにすることが出来ない。
悩むこと数分。ハイビームだけは何故か後述するウインカーレバーを手前に引くことで点くことが判明した。

何故分ける?


2.ハンドル周り
20130119_20
上記画像は、ステアリング周辺のモノである。

ステアリング自体は、中途半端に古くさいデザインだ。
ただ嫌いでは無い、が、昔使っていたステアリングに換えようか悩んでいるところでもある。

画像に文字を入れたので、見たまんまなのではあるが、ステアリングコラムからは、シフトレバーとウインカー兼ワイパー兼クルーズコントロールの操作レバーとチルトレバーが伸びており、どうやら社外品のアルミ合金製に換えられているようだ。
きっと夏場は火傷しそうなほど熱くなるだろう。
どれも使い込まれて曇ってきているので、気が向いたら金属磨きで磨いておこう。

ステアリングに隠れているが、コラム右側にはキーシリンダーとハザードスイッチがある。
またコラムの上に乗っかっているメーターは後付けしてもらったタコメーターだ。

20130119_21
上記画像はウインカー兼ワイパー兼クルーズコントロールの操作レバーを拡大したモノだ。
社外品に換えられている(単なるカバー?)ため、ぱっと見はワイパーを動かすスイッチであることしか判らない。
ちなみに純正品は次の画像だ。

20130119_23

なお前述したが、手前に引けばハイビームだ。じゃぁ奥に倒せばパッシングだろうか?と思ったがこれはまだ試していない。
また、クルーズコントロールまで付いている。
スイッチをオンにして、任意のスピードでレバー末端のスイッチを押すとセットされ、R/Nでチョットスピードを上げるらしいが、カバーが付いているせいでイマイチよく判らない。
カバーで字が隠れていてよく判らないのは、ワイパー部分についても同様だが、とりあえずチョット捻ればワイパーが間欠で動き、たくさん捻れば早く動き、突起を奥に捻ればウォッシャー液が出ることは学習した。

次の画像は、前出の画像ではステアリングに隠れていたキーシリンダーとハザードスイッチだ。
20130119_22

これらはコラムに向かって右側に生えている。

下側に付いている丸いノブがハザードスイッチである訳だが、こちらも多分社外品に交換されているようで、文字もアイコンも無かった。
そのため、何のスイッチか判らなかったのだが、とりあえず押してみたらハザードが付いた次第である。

キーシリンダーには上下につまみが付いていて、キーと一緒に回すようになっている。
すぐに破損しそうな安っぽいキーを守るための配慮だろうか?
その割に、当該車両のイグニッションキーは微妙に曲がっていたが・・・

3.ミラー類
20130119_30
20130119_31

ルームミラーとサイドミラーだ。
どちらも車両の大きさの割に控えめで、それぞれの目的を十分に達しているとは言い難い。
ルームミラーは上下長が不足していて、リアウインドウからの視界を全てカバーしていない。
見てのとおりフロントウィンドウに直付けされているのだが、屋根が開く車やフロントウィンドウがものすごく傾斜している車であればフロントウィンドウに付けたりもするのだろうが、この車においてルームミラーをココに設置する理由が解らない。
視線の移動量を減らしたいのだろうか?

サイドミラーも、その車体の大きさに対して全く視界が確保できていない。
一応リモコンドミラーになっているので、足りない分は積極的に動かせということなのだろうか?
そんなことをするよりも、リモコンで動かなくてもイイから上下長を倍にしてくれたほうが、よっぽど親切だ。
ちなみに鏡面がリモートで動かせるだけで、電動格納したりヒーターが付いている訳では無い。
ちなみにリモコン化されたのは90年モデルと91年モデルだけで、そのスイッチはとりあえず取って付けたようなやる気の無さがイイ感じだ。

20130119_32

とりあえず、ミラーを交換して視界を確保することは最優先事項だ。


4.エアコン操作パネル
20130119_40

光が反射してしまい見辛くて申し訳ないが、上記はエアコンの操作パネルである。
向かって左端のレバーが風量、右側上段がモード、下側が温度なのだろう。
当然のように「オート」は無い、が、今までオートで使ったことはあまりないので個人的には全く問題ない。
更に言えば、夏場でもあまりエアコンは使用しないので、デフォッガーさえちゃんと機能してくれれば問題ない。
ちゃんと機能してくれればの話だが・・・
(HEATとDEFが別々ってことは、まさかDEFは送風だけってコトじゃ無いですよね?それだと冬場困るのですが・・・)

なお、枠の部分とパネルの部分がちゃんと並行になっていないのはご愛敬だ。



今日もまた長くなってしまった。
文化の違いなのか、時代の違いなのか、はたまたモデルサイクルが長すぎて小変更に次ぐ小変更で変なことになってしまったのかは判らないが、パッと見ただけで今までに経験したことの無いモノが出てきて面白い。

じっくり見ていけば、更に出てくるのだろうか?

|

« 初戦 | トップページ | 磨き »

K5 Blazer」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/56581079

この記事へのトラックバック一覧です: 未体験ゾーン:

« 初戦 | トップページ | 磨き »