« 特殊工作 | トップページ | 鍵の話 »

ワイパー交換

1月15日 火曜日 曇時々雪 最高気温-1.3度 最低気温-4.5度(青森)

今日の体重 83.6kg

連休の影響で、絶対増えていると思いましたが、ちょっとだけ減っていましたよ、体重。

さて、12日に私の元に来てから、未だに実戦投入していないK5ですが、まだカーポートで眠る日々が続いております。
最短で明日夜でしょうか?公道を乗れるのは。

そういう訳で、新しいオモチャを目の前に悶々としております。

とりあえず、運転席に座ってあれこれ操作してみたり、冬ワイパーに交換してみたりしましたよ。
各種インターフェイスは・・・とりあえず判りづらいですね。
今まで乗ってきた車と、随分勝手が違うようです。
そのうち、画像を撮ってまとめてツッコムことにしましょう。

ワイパーもU字フックではなく、ピンアームと呼ばれる形状でした。
なんでも80年代から90年代初頭にかけてのアメ車に多い形状だそうで。
とりあえず、国内で普通に市販されているモノで対応できるモノがあったので、土曜の夜にポチッとしたら月曜の夜には届きましたよ。
休日ですし、あまり需要の無さそうな代物だったので、一週間以上待つことを覚悟したのですが、お見事です。

ぱっと見ても交換方法が判らなかったので、とりあえずネットで検索などをしてみたのですが、これまた求める情報に巡り会えず・・・
仕方が無いので、形状を見て外し方を推測してみたところ、どうやらアーム先端の横に出ている突起をブレード本体の穴に通して、これを樹脂製の留め具で固定しているようです。

留め具にはロックを解除するような突起があります。
多分、これを押しながらどうにかすると留め具が外れるか緩むかして、ブレードが抜けるようですが、この突起に指が掛かりません。
どうやら指だけでは無理なようなので、マイナスドライバーで突起を押してみます。
この状態で、アームからブレードを引っ張ってみましたが、全く動きません。
留め具はブレードの内側に挟まっているので、固定の構造がよく見えませんが、ピンを押しながら留め具をブレードから抜かなければならないようです。

無理に力を加えて壊してはいけませんので、ゆっくりと力をかけていくと、ちょっとずつ留め具が浮いてきて外れてくれました。
留め具が外れると、ブレードはスッとアームから抜けましたよ。

で、外した夏ワイパーの構造を観察してみると、今回購入した冬ワイパーの固定方法と同じです。

「アダプターにより、様々な車種に対応」
的な謳い文句だったので、てっきり固定方法が違うのかと思っていましたが、微妙に形が違うだけで構造的には一緒でしたよ。


特殊だと言うことは、事前にリサーチ済みでしたし、夜暗く寒い屋外で、しかもこのK5はワイパーアームが起きないタイプの車で、しかも車高が高いため脚立に乗っての作業となりましたが、何だかんだであっさりと交換できちゃいました。

ま、多くのユーザーが自分で作業するだろうという部分ですからね。
難しかったらおかしいんですけどね。
今までと勝手が違うものですから、こんな作業でもちょっと楽しいですよ。

|

« 特殊工作 | トップページ | 鍵の話 »

K5 Blazer」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/56549519

この記事へのトラックバック一覧です: ワイパー交換:

« 特殊工作 | トップページ | 鍵の話 »