« 少しだけど乗り越えられない部分 | トップページ | 満腹 »

選択

5月15日 水曜日 曇 最高気温15.3度 最低気温8.7度(青森)

昨日まで四日連続でトヨタ・アクアをネタにしておりまして、まるでアクアを買ってしまうかのような雰囲気にすらなっておりますが、そんな雰囲気を打ち消すべく今日は違うお話しを。

とは言っても、また車ネタですが。

この前、スバルのxvハイブリッドやらフォレスターのお話しをいたしました。
で、その後スバルのディーラーさんからメールが来ていたのですが、そこである事実が発覚いたしました。

現在、スバルが売りにしている運転支援システムEyeSightに関してですが、このEyeSight搭載車においては、ホイールサイズの変更をお勧めしないとのコトなのです。

外径の変化によるスピードメーターとの誤差がシステムに影響を及ぼす可能性があるとのことで、タイヤホイールのサイズを変更した場合はメーカー保証の対象外ですとのこと。

この、「対象外」というのが、EyeSightに絡む部分だけなのか、車両全般に掛かる話なのかはディーラーさんもよく判っていないようでしたが、車両の運用に対して大きく介入してくるシステムなので、例えEyeSightとタイヤ外径の違いによるスピードセンサーの誤差に基づくトラブルじゃ無いにしても、保障対象外ですと言われてしまいそうですね。

と、なってきますとネックになってくるのはxvハイブリッドの225/55R17というタイヤサイズです。
大径ホイール、格好いいですけどね、個人的にはあまり好きでは無いのです。
車格や動力性能、クロスオーバーという性格を考えたら、16インチでも大きいように思えるのですが、一番の問題はこんなサイズのスタッドレスタイヤを購入しなければならなくなるということですね。

日本メーカー製でこのサイズのスタッドレスタイヤになりますと、最安値の平均値で1本23,000円前後、ちょっとお高い買い物になってしまいますね。

まあ、EyeSight非搭載のグレードを選べばいいだけの話なのですが、どうせATに乗るならどこまでも楽をしたい訳でして、EyeSight搭載車のクルーズコントロールなんてとても楽かななんて思ったりする訳でして…
また、今までに追突したり、人をはねたりという経験はございませんが、これからも無いと言う保障は無い訳でして、このEyeSightが安全運転に寄与するというのであれば、これまた無難な選択でもありますしね。

なかなかスバルさんもイヂワルです。
まあ、スバルに限ったことじゃなく、最近の国産車メーカのオプションなんかみていると、セットオプションばかりで、ユーザーに悩む隙をあたえずお金を使わせようとしているようで嫌になります。

製造過程での効率化、営業の効率化になるのでしょうが、それに嫌気が差してその車を選択肢から外してしまうボクのような人間もいることを忘れないで欲しいモノですね。

|

« 少しだけど乗り越えられない部分 | トップページ | 満腹 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

1.3リットルインサイト君。
下級グレードは175/65/15で、私のには標準で185/55/16。
2代目タイヤは205/50/16で燃費2割ダウンとなりました。
技術のスバルながら商品化の下手なスバル。

投稿: 桃爺 | 2013年5月16日 (木) 19時15分

個人的な見解ですが、インチアップやタイヤ幅の拡大は、見た目以外には良いことが無いと考えております。

…などと言いながら、エスティマに履かせていたタイヤサイズは235/40R18。
まぁ若気の至りです。

投稿: 虎徹 | 2013年5月18日 (土) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/57390673

この記事へのトラックバック一覧です: 選択:

« 少しだけど乗り越えられない部分 | トップページ | 満腹 »