« 真夏日 | トップページ | 夏は冬にあこがれて »

目からウロコ

7月9日 火曜日 曇後雨 最高気温29.9度 最低気温23.1度(青森)

今日の体重 84.7kg

暑い日が続きますね。
今日は、39度なんて気温を記録した場所もあるそうですが、北の辺境ここ青森でも29.9度とほぼ30度の気温でした。

おまけに気温は日が暮れてもあまり下がらない上に、夕方ふった雨が湿度をかさ上げしてくれまして、非常に不快度指数が高い状況であります。

週間天気予報によりますと、明日以降の青森は、日曜日まで25度前後の最高気温のようですが、連日雨マークが絡んできておりますので過ごしづらい日々が続きそうです。

話は変わりますが、先週土曜日からK5を修理に出しております。
売るにしても、3速4速が使えないんじゃ売り物になりませんから、中古のミッションを探しまして、これに載せ替えることにしたのです。

で、今代車を借りているのですが、代車として渡されたのはメルセデス・ベンツのCクラスでした。
とは言っても、そこは代車なので15年も前のS202と呼ばれているヤツで、ボディ各所に傷やエクボがあり、バンパーの四隅は削れ、樹脂類はほどよく乾ききって白くなっているような代物です。

が、乗ってみてビックリしました。
正直なところ、ボクの中ではCクラスなんてという思いがありました。乗ったことも無いくせに。
所詮、奥様ベンツだろうと、CクラスのCはコンパクトの頭文字なんじゃねーの?と。
実際、外見や内装が豪華な訳でも無く、車体が大きい訳でも無く、大きくない車体のため中が広い訳でも無くと、パッと見特筆すべき点は見当たりません。

が、走り出してみてすぐにその足回りの素晴らしさを感じました。
ドイツ車、特にメルセデスとなりますと、堅めで重厚なイメージがあったのですが、走り出してみると、これが硬くも無く柔らかすぎずと実に絶妙です。
大き目の段差を乗り越えても、不快な突き上げは無く大きなショックも無く、揺れは瞬時に収束します。
それでいて、少しオーバースピードで旋回しても大きくロールすることもありません。
また、微振動の類いも上手く消されています。
面白味はあまりありませんが、自分の運転が上手くなったような錯覚さえ覚えます。

エンジンは2Lで、136馬力と聞いていましたが、これまた低回転域でフラットなトルクの出る扱いやすく普通に走る分には不足の無いモノです。

難点を挙げるとすれば、ATのフィーリングがイマイチな事位でしょうか?

あまり広くない室内空間も、シート自体の出来がいいためでしょうか、狭さによる窮屈さを感じさせません。
実際、子供達を乗せて走らせてみたのですが、最初は狭い云々と言っていたのに、乗り心地がよくて疲れないと実に好評です。

とてもとてもビックリしました。

今、現行のCクラスが400万円~。
高額であると言われる維持費が捻出できるなら、国産500万円オーバークラスの高級セダンを買うよりずっと幸せだろうと感じましたよ。

実はメルセデスの車両を運転するのはこれが初めてじゃ無いんですけどね。
その時は若かったせいでしょうか?今回感じたようなことを感じることは出来なかったのです。



国産メーカーさんにも、この位頑張って欲しいモノですね。
特にトヨタさんあたりには、装備云々やディーラーや消費者の声だけじゃ無くて、自動車としての基本性能で日本の底力を見せてもらいたいモノです。

|

« 真夏日 | トップページ | 夏は冬にあこがれて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/57759285

この記事へのトラックバック一覧です: 目からウロコ:

« 真夏日 | トップページ | 夏は冬にあこがれて »