« 最初から全力 | トップページ | メンドクサガリーノ »

生還

11月13日 水曜日 雪時々曇 最高気温3.0度 最低気温-2.4度(青森)

今日の体重 85.9kg

雪は降り続け、今日未明には平野部でも40cm弱の積雪を記録しました。
それでも日中はやや気温が上がり、青森市平野部における19時時点の積雪深は23cmとなり、主要な道路では路面が見えるようになりました。

初雪にしちゃずいぶんな積雪ですけどね。

道路が見えたので、月曜日から会社に置きっぱなしだった車で帰ってくることが出来ました。
寒い中、丸二日以上置きっ放しだったので、バッテリーが上がっていましたよ。

気温が低くなるにつれ、スターターの回り方が鈍いなとは感じていたのですが、簡単に上がっちゃいましたね。
バッテリーも交換しなきゃ…

で、道路が見えているとは言え、外気温は1度~2度。
雪が舞うお天気です。
過剰な程、慎重に運転しましたが、無事帰宅することが出来ました。

いくらATタイヤでも、冬道では役に立たないだろうと思っていたのですが、意外と走れるもんですね。
交通量の少ない、自宅周辺の道では、まだ道路に積雪があり深い轍となっていました。
一度足を取られるとヤバイかな?なんて思ったのですが、横滑りしたり空転することもなく進むことが出来ました。

普通の乗用車用の夏タイヤよりは役に立つようです。


それにしても、バッテリーどうしようかな?
いつもの如く、ドライバッテリーにしようか、それともとりあえず普通のバッテリーにしようか…
以前乗っていた80クンにはオプティマ社のイエロートップ(ディープサイクル)を載っけていたのですが、始動時に大電流を必要とするディーゼル車にはディープサイクルバッテリーが向いていると思うのです。

ただ、ランクル君のバッテリーサイズですと、普通のバッテリーで1個あたり20kg前後、オプティマのイエロートップで約27kg。
しかもコレが2個となりますから、バッテリーだけで14kgの差が出てしまいます。
しかもボディの先端部分に…

値段も問題ですね。
国産メーカーの上位品、例としてパナソニックのcaosで言いますと、ランクル君のサイズで1個16,000円前後からで流通しておりますが、オプティマのイエロートップですと1個35,000円前後からとなり、これが2個必要になりますから4万円近い差が出てしまいます。

メリット・デメリットを秤に掛けると、普通のバッテリーを選んだ方が賢い訳ですが…
値段は倍以上、寿命は倍保つかどうか、そして14kgの重量差…
イエロートップの寒冷地における始動性は魅力的ですし、丸4年使っても性能の低下は感じられなかったと優秀なバッテリーなんですけど…

そしてオイラは賢くないからなぁぁぁ

|

« 最初から全力 | トップページ | メンドクサガリーノ »

ランクル」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

先日の安全点検で、5年目となったインサイト君のバッテリー交換を奨められました。
27年間で5台のホンダ車を乗り継ぎ、バッテリー交換の経験がなかっただけにショックでした。
確かに、エンジン始動用の小さなバッテリーですからね。

投稿: 桃爺 | 2013年11月14日 (木) 20時40分

桃様は、今までバッテリ交換経験無しですか。
ボクの場合は、走行距離に関係なく、5年平均で交換していますね。

もしかして2回目の車検で乗り換えるお大尽な方でしたっけ?

投稿: 虎徹 | 2013年11月14日 (木) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/58569800

この記事へのトラックバック一覧です: 生還:

« 最初から全力 | トップページ | メンドクサガリーノ »