« 妄想状態 | トップページ | カッパッパ »

シックスセンス

4月23日 月曜日 曇 最高気温17.0度 最低気温8.4度(青森)

今週を乗り切ればGWですね。

我が社は暦通りに営業なので、3連休→2連勤→4連休となりますが、お休みになることは良いことです。

買うか買わないかわからない車の事で悩んでいる日々ですが、正直なところ、例えご近所さんと被ったとしても、三菱・アウトランダーPHEVを選択することが、一番無難だとは思っております。

マネをした・しないの意識の有る無しを別としても、被ったくらいで「真似された」とヒステリックになるような人は、ちょっと・・・いやかなりオカシイ人な訳で、通常問題になる点ではありませんし。

で、個人的な所感ですが、アウトランダーPHEVはすごい車だと思うんですよね。
PHEVということで、電気だけの走行が可能な訳ですが、カタログ値だと航続可能距離が約60km。実質カタログ値の2/3としても40kmは走行できる訳で、通勤やチョットした買い物に出る位なら、全くガソリンを使用しなくて済むことになります。

PHEVというと、プリウスにも設定されておりますが、プリウスPHEVは巨大なバッテリーのために居住性が犠牲となり4人乗りとなっておりまして、同じく巨大なバッテリを積みつつ、居住性や積載性を犠牲にしていない点は、素晴らしいことだと考えます。

また定評のある三菱の車両の運動制御システムは、ハイブリッド車や電気自動車との親和性が非常に高いと考えられます。
内燃機関のみによる車に対してより、制御の介入速度が速くなりますからね。
高度な次元で安定した走行性能がもたらされます。

ハンドルのパドルレバーで回生ブレーキの回生量を調整できるのも、古くからハイブリッド車に乗っている人間や、MT車に乗っていた人間にとっては、素晴らしい機能ですね。
マニュアル車のようにエンジンブレーキを利かせたいときには回生量を増やしたり、また巡行時に回生量を減らして滑走状態を増やしたいなど、走行状況に応じて、ドライバーが任意で捜査できることは、マニュアル車とはまた違った意味での操作への楽しみにも繋がると考えます。

また、最近の車両にしては珍しく、社外製のナビの装着自由度もいいですね。
最近の車両は、メーカーオプションを装着していくと、社外品の装着が極めて難しくなったりしますが、車格の割りにその辺の自由度が高いのも好印象です。

自分の車選びの候補にマツダのCX-3やCX-5もあったのですが、あちらは非常に評価の高い車体自体に対し、ナビが非常に使いづらいとのユーザー評が多い上に、ナビ自体がマツダコネクトの中の一つの機能で、これを殺すことが出来ないらしいことから、候補から外れてしまいました。

難を言えば、内外装のデザインが少々古くさいというか、野暮ったいと、個人的に感じることくらいで、これだけの性能をもった車両が新車でも400万前後で手に入ることはすごいことだと思うのです。

と、まぁ、私個人の評価は、べた褒めに近い状況なのですが、ここまで出来がいいと逆に面白くないんですよねぇ・・・・・・なんか真面目すぎて。。。
こんなこと言われたら、エンジニアは困っちゃうでしょうけど、自分の感性的な部分が「面白くない!」と叫ぶものですから・・・・・・

|

« 妄想状態 | トップページ | カッパッパ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/66680861

この記事へのトラックバック一覧です: シックスセンス:

« 妄想状態 | トップページ | カッパッパ »